ホーム > 国の年金と企業年金基金 > 国からの年金 > 在職中に受けられる年金は

国からの年金

≪在職中に受けられる年金は≫

60歳以上で働いていれば、年金額や給与額に応じて老齢厚生年金額の一部または全額の支給停止が行われます(在職老齢年金)。支給停止の方法は60歳台前半と65歳以降とで異なっています。

なお、60歳以上70歳未満の人は厚生年金保険の被保険者となるため保険料を負担しますが、70歳以上の人は被保険者にはならないので、保険料の負担はありません。

●60歳台前半の在職老齢年金の支給調整方法

65歳未満の在職老齢年金は、基本月額と総報酬月額相当額の合計により、一定の方法で年金額の一部又は全部が支給停止されます。

60歳台前半の在職老齢厚生年金

●65歳以降の在職老齢年金の支給調整方法

65歳以上で働く人も、老齢厚生年金額が総報酬月額相当額と基本月額との合計額に応じて次のように調整されます。 なお、老齢基礎年金については全額が支給されます。

65以降在老計算式

次へ

戻る


このページの先頭へ